ギターのセルフメンテナンス【弦の張り替え】

こんにちは、子猫のおデコです。

私は結構ギターのメンテナンスをおろそかにしがちで、何か音が変だな?とか、好みじゃない音が出ていた時にメンテナンスします。

本当は駄目なのですがついついサボってしまう事があります。

そこで今回は、自宅で出来るギターのセルフメンテナンス方法を紹介していきますね。

ギターメンテナンス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

弦交換しなければいけない理由

弦が古くなってくると酸化して変色したり、錆びる事があります。

錆びたり酸化する事により以下の点でギター本来のポテンシャルを発揮出来なくなります。

  • サスティーンが短くなって伸びが悪い
  • 音がくもった様になりトーンが劣化する
  • 1音づつの粒立ちが悪くなる
  • 音が埋もれやすく張りがない
  • チューニングがくるいやすくなる
  • 弦にひっかかったりして演奏に支障がでる
  • 錆びが原因でフレットが削れやすくなる

など様々良くない事がおこります。

正しい弦の張り方

弦を正しく張らなければチューニングがすぐにずれたりビビりの原因にもなります。

今回エレキギター(レスポール)を使って正しい弦の張り方を紹介します。

道具

ギターの弦交換

張替用の弦とニッパーがあればOK。

あと、ワインダーがあれば素早く弦を巻くことができます。ドライバーもあればピックアップの調整などやくに立ちます。

弦を外す

ナットを回し弦を緩めます。

弦がゆるゆるになったらニッパーで弦を切ります。

切ったらヘッド側とテールピース側両方から弦を抜きとります。

テールピースはすぐにとれますので落としてボディを傷つかないようにしましょう。

注意点としては、弦の緩みが十分でなければギターに負荷がかかるのでしっかり緩めてください。

弦のテンションがボディにかからなくなるまで緩めます。

新しい弦をつける

ギター弦交換2

テールピースに弦を通しペグポストにも通します。

巻き数によって弦の余らせる長さが変わるので好みに合わせて下さい。

巻き数

巻き数には色々諸説ありますが、両方紹介します。

巻き数は少ない方が良い説

巻き数が多いと余分に巻いている所の弦も伸びるのでチューニングがずれやすくなります。

ですので、チューニングの安定感を求める方は巻き数を少なくしていますね。

巻き数が多い方が良い説

巻き数を増やせばテンションが効いて張りのある音になります。

私はチューニングがずれやすくなるのは本末転倒なので巻き数は少なめにしています。

ギター弦の交換

ギター弦交換3

大体1から3弦を2〜3周、4から6弦を1〜2周で、1つ先(6弦を付けていたら5弦)のペグを目安に印として弦を曲げていきます。

ギター弦交換4

曲げた印を巻き上げるペグポスト(写真では折り曲げた5弦から6弦)まで戻します。

ギター弦交換5

戻したらワインダーを使い巻いていきます。

巻き方

常にペグポストに通した弦より下に巻く方法と

最初の一巻きはペグポストに通した弦の上に巻き、以降は下に巻く方法があります。

2つではテンションのかかり方が多少変わりますがどちらでも気にするような違いはでません。

しいていえば後者の方が安定感がある気がします。

ギター弦交換6

最初は弦を引っ張りながら巻いていきます。

ギター弦交換7

巻く際に余分な空間ができたり、弦が重ならない様にしましょう。

弦が重なればビビりの原因にもなります。

巻き順は6弦→1弦→5弦→2弦→4弦→3弦になります。

弦を延ばす

ギター弦交換8

テンションがかかる位全ての弦を巻いたら、指で弦をつまんで引っ張ります。

弦を延ばす事によってチューニングが安定してきます。

あまり引っ張り過ぎると弦が切れますし、引っ張りが足りなければチューニングが安定しません。

ちょうど良い具合にするには馴れが必要です。

チューニングする

伸ばしたらチューニングをします。

チューニングしたら少しまた弦をのばします。

伸ばし方が足りなければチューニングのズレが大きくなります。

ズレが少なくなれば完了です。

お疲れ様でした。

弦を替える時期

  • 弦が錆びたら完全にアウト
  • 大体1ヶ月(夏場や湿気が多ければ約2週間)
  • 弦が切れた時

基本的には1本でも弦が切れれば全て替えるのが望ましいです。

替える際の残っている弦の程度によりますが、テンションが他の弦と違い響き方に違和感が出る時は変えましょう。

弦を長持ちさせる方法

  • ギターを弾く前に手洗いで指の余計な油分をへらす
  • 弦を長持ちさせる為に作られたELIXIR(エリクサー)の弦に張り替える
  • 演奏後は弦に付いた油分を布でこまめに拭き取る
  • 湿気の多い所の保管は弦がすぐに変色するので避ける

ELIXIR ( エリクサー ) / Nanoweb Light Anti-Rust #12052

弦交換の際、一緒にしたいセルフメンテナンス

弦交換の際に一緒にメンテナンスしておけば常に本来のギターのポテンシャルが発揮できます。

  • フレットや、ボディ、ピックアップなどその他パーツの掃除
ギターのセルフメンテナンス【掃除、お手入れ】
こんにちは、子猫のおデコです。ギターを頻繁に弾いていると汚れがどんどん溜まってきますね。これを私は勲章と呼んでます。とはいうもののあまり汚す...
  • 弦高の調整
  • オクターブチューニング
  • ネックの反り

まとめ

ちょっとした調整や、弦の張り替えだけでも音の響きが変わってしまいますので日々のメンテナンスをしっかりとやっておく必要があります。

ちなみに私の場合は、ライブやレコーディングの際はシビアに見ますが家で弾く分にはサビ以外はそこまで気にしていません。

今回はエレキギターの弦の張り替えを紹介しましたがアコースティックギターだと巻き方が違うマーチン巻きが、チューニングがくるいにくいでしょう。

弦の張り替えは頻繁にするものなので正しい巻き方を覚えていた方がいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク