DTM用にサクサク曲が作る為のパソコンの選び方

こんにちは、子猫のおデコです。

最近作曲、編曲する際にプラグインが増えるとパソコンの動きが遅くなったり、パソコン自体が落ちたりします。

さすがに最近多いので、今使っているパソコンと比較して新しいパソコンを買おうと考えています。

DTMを始めたい方や、今の制作環境で同じように不満に思う方の参考にして頂きたいです。

PC

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現状パソコンスペック

  FUJITSU ESPRIMO DH50/DN 
OS  Windows7 Home Premium 64bit 
CPU  インテルCore i5-2300プロセッサー(4コア/T/2.80~3.10GHz) 
メモリ  4GB(2GB×2)[デュアルチャンネル対応] 
HDD  約2TB 
ドライブ  スーパーマルチドライブ 
グラフィック  Intel HD Graphics 2000[CPUに内蔵] 
ディスプレイ  22型ワイドスーパーファインVX液晶[1680×1050] 
拡張I/F  PCI Express X16、DVI-D出力(24ピン)×1、アナログRGB出力、USB3.0×2、USB2.0×6、PS/2×1 
その他  [質量]約7.5kg [便利な機能]AVCHD対応 

現状のパソコンは、2012年に購入したパソコンです。

DTM用というより家で使う様に買った、富士通の商品です。

普通にギターを録音したり、ドラムを打ち込む分には全然問題なく使えます。

ただ、トラックが15以上で、エフェクトやプラグインを幾つも挿入するともう終わりです。

トラック毎にフリーズさせないと進行できなかったりするのでイライラします。

DTM用に使うパソコンスペック

OS編

失敗しない!!DTMに使うパソコンのスペック/OS編
DTMをするにあたり、何より最初に決めないといけないのが、MACにするかWindowsにするかです。個人的には、使いやすい方を使ったらいいと...

CPU編

失敗しない!!DTMに使うパソコンのスペック/CPU編
続いて、CPUについて考えてみましょう。CPUはパソコンが考える速さになります。高性能なソフトシンセを使う時などCPUの性能が低ければ落ちた...

メモリー編

失敗しない!!DTMに使うパソコンのスペック/メモリ編
どうも子猫のおデコです。続いてメモリ編です。私のパソコンではここのメモリ不足が大きな原因になり、フリーズ等しています。メモリが少ないとパソコ...

ストレージ編

失敗しない!!DTMに使うパソコンのスペック/ストレージ編
どうも、子猫のおデコです。DTMに使うパソコンスペックの今回は、ストレージ編です。DTM用のパソコンはHDDかSSDのどちらを選択すべきかご...

その他編

失敗しない!!DTMに使うパソコンのスペック/その他編
どうも、子猫のおデコです。前回までで、DTMをする際のスペックにおける大事なポイントはほぼ終わりました。今回は、その他欲しい機能を紹介いたし...

DTMをするのにストレスなく出来るスペック

   
OS  Windows10 64bit 
CPU  インテルCorei5-6600プロセッサー(4コア/K/3.5~3.9GHZ) 
メモリ  16GB(4×4)[クアッドチャンネル] 
HDD  OS用ハードディスク SSD 容量約500GB、音源保存用ハードディスクHDD 容量1TB 回転数7200rpm 
ドライブ  スーパーマルチドライブ 
グラフィック  Intel HD Graphics 2000[CPUに内蔵] 
ディスプレイ  デゥアルディスプレイ 
拡張I/F  PCI Express X16、DVI-D出力(24ピン)×1、アナログRGB出力×1、USB3.0×2、USB2.0×6、PS/2×1 
その他  [質量]約7.5kg [便利な機能]AVCHD対応 

ソフトシンセやプラグインの数にもよりますが、オーケストラなど大量にトラックが必要にならない場合は、上記のスペックで大丈夫です。

あとは、お使いのDAWソフトやインターフェイス、ソフトシンセのVistの動作環境を考慮してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク