失敗しない!!DTMに使うパソコンのスペック/その他編

どうも、子猫のおデコです。

前回までで、DTMをする際のスペックにおける大事なポイントはほぼ終わりました。

今回は、その他欲しい機能を紹介いたします。

torakkubouru

スポンサーリンク
スポンサーリンク

USBポートは多い方がいい

DTM用のパソコンは、USBポート数は多いのにこした事はありません。

MIDIキーボードやオーディオインターフェースやマウス他にもいろんな機材でUSBを必要とするものがあります。

USBでは、3.0や2.0と規格が違うUSBがついているパソコンがおすすめです。

ZOOMからUSB3.0対応のオーディオインターフェイスを発売したり、2.0より電力供給が多い分安定感があるのかもしれません。

ただ、3.0に対応していない部分ではノイズの原因になる場合がありますので、2.0と3.0両方つけている方が良いでしょう。

グラフィックカードは必要? 

DTM用として使うだけならオンボードと呼ばれるグラフィック性能でも十分です。

※オンボードとはマザーボードの本体に、機能が最初から備わっている事です。

チップセット内蔵】とも呼ばれます。

CPU事態にグラフィック機能が内蔵されている事も多く、こちらもオンボードと同じ様なものです。

ただ、動画編集やゲームなどする方は、グラフィックカードがあった方がいいです。

デュアルモニターが便利

マルチモニター(ディスプレイ)はパソコンのモニターを複数つなげることで表示領域を増やす事です。

2台のモニターを使用するなら【デュアルモニター】、3台なら【トリプルモニター】と呼びます。

音楽を制作する場合では、1つの画面にはトラックやピアノロールを、もう一つの画面にはプラグインを表示することで、無駄な操作が減るため作業の効率が上がります。

DVD-RW またはBlu-rayドライブは必要?

パソコンでCDやDVDを使う機会がめっきり減り、特に必要では無い様に感じます。

最近ではクラウドサービスが充実しているのでCDをやくという作業がほぼ無いです。

Blu-rayはパソコンで今まで一度も使う機会がありません。(使えないですが、必要になったためしがないです。)

個人的には無くても困らないかと思います。

マウスはトラックボールが便利

トラックボールの一番のメリットは場所をとらない事と打ち込みなどの操作性です。

機材が増えてきたら、机の上が物でいっぱいになる場合があります。

トラックボールだと、省スペースで使う事が出来るので便利です。

あと、打ち込みも普通のマウスより早い印象です。

ボールの位置によってどの指でボールを動かすのかが変わりますので、使いやすい物を選ぶ事が出来ます。

あと、手首を使わないので腱鞘炎になりにくいのでは?と、思っています。

まとめ

DTMに使うパソコンスペックからは少し外れた部分もありますが、曲作りに没頭出来る様に環境を整えるのも必要です。

自分が使いやすい様にどんどんカスタマイズすると作業効率のアップや、自分の色が作れます。

是非、楽しい音楽ライフを設計してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク