ギターのセルフメンテナンス【オクターブチューニング】(レスポール)

こんにちは、子猫のおデコです。

長年愛着のあるギターを使っているとチューニングする際、開放弦は合っているのに他の弦を押さえた時にずれている事はありませんか。

私もたまにあるのですがこれでは正しい音で演奏できません。

演奏していても何か気持ち悪かったり、聞いている人も違和感をおぼえます。

そんな訳で、今回はオクターブチューニングの方法を紹介します。

オクターブ1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開放弦とオクターブがズレる原因

まずはギターの構造として、ナットからサドルまでの距離の半分が12フレットにあたります。

オクターブチューニングがズレるというのは12フレットがナットからサドルの距離が半分より少しズレている状態になります。

これは弦高を調整したり、ネックが反ったりした際にズレる事があります。

弦を変えた場合にはこまめにオクターブチューニングする必要があります。

オクターブチューニングに必要な道具

チューナー

オクターブチューニングは繊細な作業になりますので、出来るだけ精度の高いチューナーを選びましょう。

BOSS TU-12EX

ギターやベーシストの定番中の定番TU-12の後継モデル。

ギターやベーシストの定番中の定番TU-12の後継モデル。

ドライバー

ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800

新品価格
¥615から
(2016/4/21 22:45時点)

オクターブチューニングの調整方法

①通常のチューニングをする

通常チューニング

チューナーを使い普通にチューニングをします。

現状の把握をする為、6弦全て合わせます。

②12フレットの実音とハーモニクス音を確認&調整

全ての弦のチューニングが出来たら6⇒1弦の順番に”12フレット上のハーモニクスと実音の音程差を確認しましょう。

ハーモニクスが基準音になります。

③ブリッジのサドルを調整して基準音の音程に合わせる

12フレットのハーモニクス音を基準に、実音がシャープしていたりフラットしている場合はサドル位置の調整して音程を合わせます。

出来るだけ同じになるようにしましょう。

オクターブチューニングのズレの直し方

レスポールオクターブチューニング

ハーモニクス音が実音よりも高い場合

時計まわりに回してサドルがヘッド方向に向かいます

ハーモニクス音が実音よりも低い場合

反時計回りでドライバーをまわします。サドルがテールピース方向に向かいます

まとめ

オクターブチューニングを覚えておくとギターの本来持っている音を最大限引き出せるチャンスが出来ます。

逆にオクターブチューニングが出来ていなければギターの魅力を最大限発揮できません。

弦を張り替えたり、しまっていたギターを久しぶりに鳴らす時のような少しの変化でもずれている事があります。

毎回するのは面倒な時もありますが、こまめにする事をおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク