失敗しない!!DTMに使うパソコンのスペック/メモリ編

どうも子猫のおデコです。

続いてメモリ編です。私のパソコンではここのメモリ不足が大きな原因になり、フリーズ等しています。

メモリが少ないとパソコンにかかる負荷も大きく安定しない原因にもなりますので注意が必要です。

PC_memory

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メモリとは

メモリとは、パソコンの重要な部品の一つです。

データの保存場所であるHDD(ハードディスク)から、データを処理するCPUに渡すデータを置いておくための所です。

そのデータがメモリに入りきらなくなるとストレージに一時的に保存されるようになり、処理速度が大幅に低下します。

メモリの選ぶポイント

メモリの仕様には種類や規格、マルチチャンネルなのかというのがあります。

メモリの種類:別でメモリを購入してノートパソコンに増設等するなら重要になります。

メモリの規格:処理速度に影響はしてきますが、体感できるほどの性能の差は出ないです。

マルチチャンネル:データ転送速度を向上させます。

その中で、メモリを選ぶ際にもっとも重要なポイントはメモリの容量です。

容量の合計とメモリが何枚搭載されているかを抑える必要があります。

マルチチャンネルとは? 

マルチチャンネルは、複数のメモリを使用してデータ転送速度を向上させる技術です。

マルチチャンネルはマザーボードが対応している必要があります。

マザーボードがマルチチャンネル非対応なら複数のメモリを搭載していてもシングルチャンネルで動作します。

マルチチャンネルの種類としては、デゥアルチャンネル、トリプルチャンネル、クアッドチャンネルがあります。

お勧めメモリ

DTMではトラックやプラグインの数によって大きく関わってきます。

プラグインや、ソフトシンセなど複数立ち上げるとメモリが多く消費されます。

メモリー不足に陥るとフリーズする事も多いのでストレスがかかります。

16GB(8×2)のデゥアルチャンネル 又は、16GB(4×4)のクアッドチャンネル搭載をオススメします。

メモリの容量が多ければ多いほど、音源やプラグインを同時に動かせる余力が持てるので、できるだけ容量の大きいメモリを積むのがベターです。

注意点

64bitなら便宜上、メモリは無制限に詰めますが、32bitなら4GBまでしか詰めません。

DTMをこれからする方は64bitを選んでメモリの容量を確保してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク